結果詳細

2017年度  事業:難治性疾患実用化研究事業  種別:-
募集機関 日本医療研究開発機構
課題詳細 「希少性」「原因不明」「効果的な治療方法未確立」「生活面への長期にわたる支障」の4要件を満たす希少難治性疾患を対象として、病因・病態の解明、画期的な診断・治療・予防法の開発を推進する。
1)希少難治性疾患の克服に結びつく病態解明研究
1-1)若手研究開発代表者による希少難治性疾患の独創的な病態解明研究
1-2)希少難治性疾患の病態解明研究
2)希少難治性疾患に対する画期的な医薬品医療機器等の実用化に関する研究
2-1)薬事承認を目指すシーズ探索研究(ステップ0)
2-2)治験準備(ステップ1)
2-3-1)医師主導治験[新規化合物治験(ステップ2)]
2-3-2)医師主導治験[ドラッグ・リポジショニング治験(ステップ2)]
3)診療に直結するエビデンス創出研究
4)希少難治性疾患の研究及び医療の発展に資する情報基盤構築研究(難病プラットフォーム)
5)未診断疾患イニシアチブ:希少未診断疾患に対する診断プログラムの開発に関する研究
5-1)IRUDコーディネーティングセンター
5-2)IRUD拠点病院
5-3)IRUD解析センター
5-4)IRUDデータセンター
技術分野 医療・福祉
応募者詳細 以下に掲げる国内の研究機関等に所属する研究者
・国の施設等機関
・地方公共団体の附属試験研究機関
・大学及び同附属試験研究機関
・民間の研究開発部門、研究所等
・研究を主な事業目的としている特例民法法人並びに一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人及び公益財団法人
・研究を主な事業目的とする独立行政法人
・非営利共益法人技術研究組合
・その他AMED理事長が適当と認めるもの
募集地域 全国
助成期間 最長3年
助成率
限度額 1-1)800万円程度/件・年
1-2)1200万円程度/件・年
2-1)最大2400万円程度/件・年
2-2)最大6000万円程度/件・年
2-3-1)最大9000万円程度/件・年
2-3-2)最大4500万円程度/件・年
3)最大1200万円程度/件・年
4)3億1000万円程度/件・年
5-1)4000万円程度/件・年
5-2)最大800万円程度/件・年
5-3)最大8000万円程度/件・年
5-4)3500万円程度/件・年
採択予定数 1-1)0-10件程度
1-2)0-5件程度
2-1)0-20件程度
2-2)0-7件程度
2-3-1)0-10件程度
2-3-2)0-5件程度
3)0-30件程度
4)0-1件程度
5-1)1件程度
5-2)30-40件程度
5-3)3-5件程度
5-4)1件程度
申請期限 12月11日
《直近の採択情報》
全体 採択数 147 名 
平均採択額 ¥ 0 
この事業種別の採択者情報
統計を確認する 採択者統計
各年度の一覧を確認する
(直近3年)
2017年度採択者一覧 2016年度採択者一覧 2015年度採択者一覧
(キーワードをつけてお気に入り管理することが出来ます。)
この募集要項をお気に入りに登録
お気に入りの登録・管理は一般会員の方のみ可能です。
一般会員のご登録は無料です。
《関連する募集要項》
機関:日本医療研究開発機構  事業:難治性疾患実用化研究事業  種別:-

・申請期限:2015 年 07 月 28 日詳細

・申請期限:2015 年 08 月 18 日詳細

・申請期限:2015 年 12 月 09 日詳細

・申請期限:2016 年 07 月 21 日詳細

・申請期限:2016 年 12 月 12 日詳細

・申請期限:2017 年 03 月 14 日詳細

・申請期限:2017 年 07 月 21 日詳細

・申請期限:2018 年 07 月 12 日詳細

・申請期限:2018 年 07 月 24 日詳細

  • hrm
  • リケラボ
  • reporting
  • ナインシグマ・成功事項
  • grant
  • global bridge