結果詳細

2017年度  事業:技術公募(食品成分のアレルゲン性予測技術)  種別:-
募集機関 ナインシグマ・アジアパシフィック株式会社
課題詳細 ナインシグマ社は売上兆円規模の大手飲料メーカーを代理して、食品中に含まれる物質がアレルギー発症の要因となり得るかを予測する技術を求めている。
≪期待する技術≫
以下のような取り組みをしており、将来的にアレルゲン性予測につながる技術であり、in vitro、in vivo、in silicoによるアプローチを期待している。
・アレルゲン性マーカー(分子・遺伝子)を用いたin vitroアッセイ系の構築
・既存データベースを活用した予測モデルの構築
・ヒトのアレルギー発症機構を模倣可能なモデル系の構築
・感受性の個人差が生じるメカニズム等から、その陽性反応の普遍度を予測する技術
技術分野 医療・福祉
応募者詳細 研究者
募集地域 全国
助成期間 共同研究開始:2018年6月
実用可能性判断:2019年12月
助成率
限度額 共同開発のための予算は確保済み(提案内容に応じて応相談)
採択予定数
申請期限 1月15日
《直近の採択情報》
全体 採択数 0 名 
平均採択額 ¥ 0 
この事業種別の採択者情報
統計を確認する 採択者統計
各年度の一覧を確認する
(直近3年)
2017年度採択者一覧 2016年度採択者一覧 2015年度採択者一覧
(キーワードをつけてお気に入り管理することが出来ます。)
この募集要項をお気に入りに登録
お気に入りの登録・管理は一般会員の方のみ可能です。
一般会員のご登録は無料です。
  • T-1131(聞こえづらさ予防)
  • REQ2360064(体外診断)
  • REQ2018_3738(美容技術)
  • REQ2018_3761(炭酸水)
  • REQ2018_3763(生体情報測定)
  • REQ2018_3751(血糖値上昇抑制)